1957y FIAT ABARTH “750 GT” ZAGATO

オーストリアでバイクのレーシングドライバーとして活躍したカール・アバルトはイタリアに移住後、チシタリアの技術・モータースポーツ責任者を経てトリノで Abarth&C.社を設立、自動車マフラーなどのパーツ販売で成功を収め、その後フィアット製の小排気量車をベースにしたエンジンチューンやレース車の製作を行った。
1950年から1960年代にかけて数多くのレースに参加、多くの国際記録と勝利を獲得しフェラーリやランボルギーニなどとともに並び称された。

今回輸入しました1957年 アバルト 750 GT ザガートは、カールが世に送り出した幾多のレーシングマシンの代表作の1つでカロッツェリア・ザガートによって手がけられたアルミボディは重量僅か535kgと超軽量でステアリングも軽く、理想の走りを追及することによって生まれた車です。
イタリアでも有名なヴィンテージカーのスペシャルショップにてフルレストアを施されたこの個体は、まるで宝石のような輝きを放っております。また権威あるクラシックカーの鑑定書も付属しております。

価格(円) 2280万円
年式 1957年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 747
ブルローディ
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 2人
所有者歴
ドア 2D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 766

関連車輌

  1. 1972y SIMCA 1000 RALLYE 2

    この度輸入いたしました、1972年製 シムカ 1000 ラリー2は”世界一のシムカ屋”と自信たっぷりの元ラリードライバーであるオーナーが営むアウトサローネより購入した1台です。

  2. 1963y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    ジュリエッタ スプリントを含むジュリエッタ系は一般市民でも無理をすれば手が届くスポーティーカーとして大成功を収め、アルファロメオの経営基盤を確立させたモデルです。

  3. 1963y Alfa Romeo Giulia 1600 Spider

    フランコ・スカリオーネがデザインした2ドアクーペをベースに、ピニン・ファリーナがオープンボディのスパイダーをデザイン、当初はクーペ同様に1300ccエンジンでしたが、1570ccエンジンに換装したのちジュリア・スパイダーと改名して1965年まで継続生産されました。

  4. 1960y Alfa Romeo Giulietta Spider

    現在商品化中の為、詳しくは当社スタッフへお問い合わせ下さい。

  5. 1966y LANCIA FULVIA COUPE 1.2

    当社の得意とする販売ラインナップの中でも1、2を争う人気車種のフルヴィア クーペ シリーズ!! この個体は ASI (イタリアクラッシックカー協会)認定車両で ”Ⅱ GRADO” の証明となるシルバープレート付属となっております。

  6. 1960y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    ”ブル トルナード” 稀少カラー ”トルネードブルー(カラーcode AR319)” を身に纏った ジュリエッタ スプリントは本国イタリアでも珍しく、市場に出回っている台数も少ない為、コレクター間にて常に人気があります。

ページ上部へ戻る