1963y Fiat 600D Giannini 750TV

イタリアのジャンニーニ社は日本ではあまり知られていませんが、本国を中心としたヨーロッパではトリノに拠点を置いたアバルトとローマに拠点を置いたジャンニーニとして、南北自動車チューニングメーカーの双璧として有名です。小排気量のフィアット車をベースとしたチューンを行い、ミッレミリアでクラス優勝を果たすなど数多くの成功を収めました。

今回輸入いたしました ジャンニーニ 750TV はフィアット 600D をベースにジャンニーニよってチューンされたモデルで、日本国内はもとより、イタリア本国でも市場に出回っている数が少なく、大変稀少なクルマです。スポーティーな5連メーターや各所に散りばめられたジャンニーニのロゴ、エンジン音等、内・外装、機関に至るまで只者ではない雰囲気を纏っています。
VIN No.1642162は ASI (イタリアクラッシックカー協会)認定車両で ”Ⅱ GRADO” の証明となるシルバープレート付属。また3オーナー車であるこのクルマの前オーナー、ヴィットーリオ氏は元レーシングドライバーである為、エンジン・機関等中心に日頃から入念に手を入れられていた様子が伺える1台です。

価格(円) SOLDOUT
年式 1963年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 767
ホワイト
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴 3オーナー
ドア 2D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 162

関連車輌

  1. 1969y Fiat 850 Sport Coupe

    フィアット850クーペはフィアット850ベルリーナ(セダン)に遅れること1年、1965年に発表されました。 1968年より、マイナーチェンジにより850スポーツクーペとなり、排気量を903ccに引き上げ、9.5:1に高められた圧縮比やツインチョークキャブレターと相まって52HP(DIN)を発揮するようになりました

  2. 1975y Alfa Romeo Giulia 2000 GT Veloce

    2000GTヴェローチェは、基本的には1750GTヴェローチェに2.0LにボアアップしたDOHC4シリンダー・ユニットを搭載したもので、ジュリア クーペ・シリーズとしては最高のスペックを誇っています。安定した操縦性とパワフルなエンジンはこの車の魅力となっております。

  3. 1967y LANCIA FULVIA COUPE RALLYE 1.3

    フルビアクーペの排気量を1200ccから1300ccにアップし、79馬力から86馬力にパワーアップしたのがこのRallye 1.3です。

  4. 1963y Alfa Romeo Giulia 1600 Spider

    1963年製のこの車両は驚くほど状態の良いジュリアがあると、ミラノの知人より紹介していただいた1台で、北イタリアの老舗カロッツェリアより購入いたしました。

  5. 1967y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

    ジュリアシリーズのクーペとして1965年にデビューした1300GT Jr.。 1290ccと小排気量ながら、アルファロメオ独自のツインカムエンジンから88HPを絞り出しスポーティなクーペとして人気を博しました。

  6. 1957y TRIUMPH TR3A

    トライアンフは戦前からバイクを作っていたメーカーで、1923年より軽量スポーツのイメージを前面に自動車を造った伝統的な英国のメーカーです。 トライアンフ・ロードスターの頭文字を取った上級モデルは市販はTR2からTR7まで続きました。 なかでも人気なのが、このTR3です。

ページ上部へ戻る