1963y FIAT 600D

設計者のダンテ・ジアコーザにより当時としては革新的なRRレイアウトが採用され、1955年のジュネーブ・ショーでデビューしたのが600である。
デビューから5年後の’60年にはモデル・チェンジが行われ、600Dへと変化する。重要な変更点はエンジンの排気量が633ccから767ccに拡大されたことで、最高出力は29HPに向上。最高速度も110km/hまで到達している。こうして600、600Dは1969年まで生産が行われ、総生産台数245万2107台を記録するヒットモデルとなった。
中部イタリア、ローマ近郊にて個人コレクターより購入したこの車のコンディションは、内・外装、機関等どの部分をとっても素晴らしい仕上がりで、エンジンの始動性、吹け上がりも非常に良く、エンスージアストの方々から、これからヴィンテージカーを所有されたいという入門の方々まで愉しんでいただけます。
前オーナー、イアンニ氏は泥一つ車にのせない大変几帳面な方で、そのようなオーナーの元、長年愛されてきたこの600Dは当社も自信を持ってお薦めさせていただける1台です。

価格(円) SOLDOUT
年式 1963年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 767
ホワイト
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴
ドア 2D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 667

関連車輌

  1. 1969y MERCEDES BENZ 280SL

    300SL、190SLに続く第2世代のSLとして1963年のジュネーブ・モーターショーでボッシュ製の機械式燃料噴射装置付き2.3L 直6SOHCエンジンを積んだ230SLがデビューしました。 1978年に250SLに、そして1968年には機械式燃料噴射装置付き2.8L 直6SOHCエンジンを積んだ280SLへ進化したのがこのモデルです。

  2. 1975y Porsche 914/4 2.0

    ポルシェ914は、フォルクスワーゲンのパーツを流用しながらも、そのレイアウトはポルシェ独自にデザインされ、エンジンとトランスミッションを前後逆に配置しミドシップマウントとし、重量物が中央に集中することで前後重量配分を適正値に収めることにより運動性能の向上を図っています。

  3. 1970y LANCIA FULVIA COUPE RALLYE 1.3S

    イタリア買い付け車両、2015年3月11日着船!

  4. 1961y Porsche 356B SUPER90

    356は初めてポルシェの名を冠して製造された量産モデルであり、1948年からモデルチェンジを繰り返しながら1965年まで製造されました(356Bは1960年~1963年まで)。高性能と実用性を兼ね備え、全世界的にも戦後の小型スポーツカーの指標ともなったモデルです。

  5. 1965y VESPA 125 VNB6T

    今回輸入した125 VNB6Tはコンクールコンディションに仕上げられており、淡いブルーのカラーリングがとってもお洒落な1台です。 希少なモデルで、日本ではなかなかコンディションの良い車両を見つけることは難しいです。

  6. 1974y TRIUMPH Spitfaire 1500 – California

    当車両は1974年製 トライアンフ・スピットファイア 1500-Californiaで、その名の通り米国向け輸出車として1500cc エンジンへ換装されたスピットファイアの最終発展型です。

ページ上部へ戻る