1971y Fiat 500L

実質1オーナー(書類登録上は2オーナーとなります。)である 1971年製の フィアット500L が入庫致しました。
当時大衆向けに大ヒット、ロングセラーモデルとなった NUOVA 500 も発売から約50年の月日が経った今では、その出自や状態の良い個体を探すのは国内はもとより、本国イタリアでも難しくなってきています。
この度ご案内させて頂きますこのクルマは、ローマ在住の親日家であるロレンツォ氏から1オーナー車両を見つけ購入したとの連絡を受け、当社スタッフが現地に赴き現車を確認、その状態の良さとエクステリアカラー”ネーロ”(ブラック)のとてもクラシカルな雰囲気に一目惚れをして購入をした1台です。
是非ショールームにご来店の上、当社が自信を持ってお奨めする ”ヌオーヴァ チンクエチェント” をその目にてお確かめ下さい。

価格(円) SOLDOUT
年式 1971年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 500
ブラック
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴 1オーナー
ドア 2D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 536

関連車輌

  1. 1959y FIAT 600 prima serie

    この600はシリーズのファーストモデルで人気の高い前開きドア(サイドミラー側から開くドア)になっております。2012年イタリアにおいて丁寧にレストアされており、ボディや内装の状態も非常に良く、イタリアクラシック協会(ASI)認定車両です。

  2. 1972y BMW 1602

    この度ヨーロッパより輸入したBMW1602は、2オーナーとなりますが、レストアされる事なく数年前までドイツ人の女性オーナーが所有されていた車両です。

  3. 1968y Fiat 500L

    此の1968年製 フィアット 500L のエクステリアカラー”マットーネ(レンガ色)”は、当時イタリアで大変人気の高い色でした。長い時を隔てた今日の街中でもきっと多くの人を魅了するでしょう。

  4. 1971y LANCIA FULVIA COUPE 1600 HF 2nd series

    ヨーロッパより輸入いたしました此の車両は高性能の証HFの名を冠するモデルとして1,584cc114馬力の性能を誇るフルビアクーペ1600HFで、2014年本国においてフルレストアされた1台です。

  5. 1969y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

    ジュリアシリーズのクーペとして1965年にデビューした1300GT Jr.。 1290ccと小排気量ながら、アルファロメオ独自のツインカムエンジンから88HPを絞り出しスポーティなクーペとして人気を博しました。

  6. 1969y Fiat 850 Sport Coupe

    フィアット850クーペはフィアット850ベルリーナ(セダン)に遅れること1年、1965年に発表されました。 1968年より、マイナーチェンジにより850スポーツクーペとなり、排気量を903ccに引き上げ、9.5:1に高められた圧縮比やツインチョークキャブレターと相まって52HP(DIN)を発揮するようになりました

ページ上部へ戻る