1972y SIMCA 1000 RALLYE 2

シムカ 1000は、フランスの自動車メーカー・シムカ(1934年、フィアット社によってフランスで設立されたメーカー)が1961年から1978年まで生産したRRレイアウトの4ドアセダンである。 生産年が後半になるにつれ、ラリー車としてのイメージを色濃く反映しながら販売される傾向が強まりました。 またフランス国内では大衆車として、ルノー・8と並び称された。 この度輸入いたしました、シムカ 1000 ラリー2は元ラリードライバーであるオーナーが営むアウトサローネより購入した1台です。 氏曰く”世界一のシムカ屋”と自信たっぷりの説明にも納得、展示場や複数箇所ある保管スペースにところ狭しと、フルレストア済みの車両からレストアベースの個体までを併せると、100台前後のシムカを所有されています。 そんなシムカ愛たっぷりのオーナーが、オリジナルに忠実に細部までこだわりフルレストアを施した現車を、是非当社ショールームにてお確かめ下さい。

価格(円) 628万円
年式 1972年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1294
ジョーヌ ラリー(イエロー)
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴 3オーナー
ドア 4D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 50J

関連車輌

  1. 1972y FIAT 850 SPORT SPIDER

    此の1972年製 フィアット 850 スポルト スパイダーはボローニャ在住のヴィンテージカーコレクターより譲り受けた1台で、書類上は2オーナーとなりますが、前々オーナーが新車で購入後、2015年まで所有していた個体で、非常に良いコンディションを維持しております。

  2. 1973y Alfa Romeo Giulia Super 1.3

    アルファロメオ ジュリア(ベルリーナ:セダン)は高性能な小型スポーツサルーンとして生み出されました。 コンパクトな車体にスポーツカー並みのDOHCエンジンが搭載されたジュリアシリーズは発売当時より人気を博し、1962年~1977年に渡って生産されました。

  3. 1974y SIMCA 1000 RALLYE 1

    ヨーロッパ買付車両、2017年5月上旬広島港着船予定!!

  4. 1963y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    ジュリエッタ スプリントを含むジュリエッタ系は一般市民でも無理をすれば手が届くスポーティーカーとして大成功を収め、アルファロメオの経営基盤を確立させたモデルです。

  5. 1967y FIAT DINO SPIDER 2000

    フィアット ディーノはフェラーリが65度V型6気筒 DOHCエンジンをフォーミュラ2に参戦可能なホモロゲーション取得の為、フィアットに量産を願い出たモデルで、DINO 206GTと同じフェラーリによる設計のアルミ製シリンダーブロックを持つ V6 エンジンを搭載。

  6. 1963y Alfa Romeo Giulia 1600 Spider

    フランコ・スカリオーネがデザインした2ドアクーペをベースに、ピニン・ファリーナがオープンボディのスパイダーをデザイン、当初はクーペ同様に1300ccエンジンでしたが、1570ccエンジンに換装したのちジュリア・スパイダーと改名して1965年まで継続生産されました。

ページ上部へ戻る