1973y FIAT 128 RALLY

フィアット128は、イタリアのフィアット社が1969年から1985年まで生産した前輪駆動方式の小型乗用車である。
フィアットの主任設計者ダンテ・ジアコーザが初めて手掛けたこのレイアウト(エンジン・ギアボックスの横置き)は「ジアコーサ式前輪駆動」と呼ばれ、後のFF車に多大な影響を与えた。

今回輸入いたしました フィアット128ラリーは、フィアット128より派生したモデルで、1971年から1974年の4年間のみ生産されました。
800kg強の軽量ボディに67HP/6200rpmのこの車は、峠道を軽快に駆け抜けることを可能とします。
ラリードライバーである前オーナーエンリコ氏が、元々1オーナーであったこのクルマを譲り受けて以降、手塩にかけて整備を行っていたため、ボディの状態はもちろん、エンジンの吹け上がり等機関面のコンディションも非常に良い、当社お奨めの1台です。

価格(円) SOLDOUT
年式 1973年
走行距離(km) 42000
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1290
レッド
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 5人
所有者歴 2オーナー
ドア 2D
修復歴
駆動方式 FF
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 744

関連車輌

  1. 1962y Austin Healey Sprite Mk.II

    このモデルは“カニ目”の愛称で親しまれたスプライトMk.Iの後継であり、MGミジェットの兄弟車で、愛好家からはスプライトとミジェットの両者を纏めて“スプリジェット”と呼ばれ親しまれています。

  2. 1968y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

    1969年モデルに続き1968年1300GT ジュニアのレッドが入庫いたしました。こちらはすでに国内登録されている車輌で、入庫時は社外ホイールが装備されておりましたが、純正ホイールに戻しオリジナルの仕様になっております。

  3. 1969y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

    この車両は既に国内登録済みで、当社にてすべての点検整備を終えているためすぐにご納車可能となっております。

  4. 1963y AUTOBIANCHI BIANCHINA

    フィアットとピレリからの資金援助でビアンキから独立し、アウトビアンキとなって初めて生産されたモデルで、NUOVA 500をベースに開発され、シャーシ・エンジンもそのままを採用しているビアンキーナ。

  5. 1969y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

    こちらの車両は、既に国内登録済み且つ、すべての点検整備を終えているため、即日ご納車可能となっております。 近年 ”段付き”GT Jr.は、本国イタリアにおいても価格が急高騰し続けており、入手も困難になりつつあります。

  6. 1962y FIAT 600D

    ファーストオーナーより屋内保管にて大切に受け継がれてきた為、コンディションは、内・外装、機関等どの部分をとっても素晴らしい仕上がりです。エンジンの始動性、吹け上がりもとても良く、当社お勧めの1台です。

ページ上部へ戻る