1957y FIAT ABARTH “750 GT” ZAGATO

オーストリアでバイクのレーシングドライバーとして活躍したカール・アバルトはイタリアに移住後、チシタリアの技術・モータースポーツ責任者を経てトリノで Abarth&C.社を設立、自動車マフラーなどのパーツ販売で成功を収め、その後フィアット製の小排気量車をベースにしたエンジンチューンやレース車の製作を行った。
1950年から1960年代にかけて数多くのレースに参加、多くの国際記録と勝利を獲得しフェラーリやランボルギーニなどとともに並び称された。

今回輸入しました1957年 アバルト 750 GT ザガートは、カールが世に送り出した幾多のレーシングマシンの代表作の1つでカロッツェリア・ザガートによって手がけられたアルミボディは重量僅か535kgと超軽量でステアリングも軽く、理想の走りを追及することによって生まれた車です。
イタリアでも有名なヴィンテージカーのスペシャルショップにてフルレストアを施されたこの個体は、まるで宝石のような輝きを放っております。また権威あるクラシックカーの鑑定書も付属しております。

価格(円) SOLDOUT
年式 1957年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 747
ブルローディ
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 2人
所有者歴
ドア 2D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 766

関連車輌

  1. 1973y Porsche 914/4 2.0

    オリジナルコンディションの914/4 2.0が入庫致しました。当時ミツワ自動車により正規輸入販売されたディーラー車輌で、前オーナー様が1975年(昭和50年)にファーストオーナー様より譲り受けられ、38年間屋内保管にてメンテナンスを繰り返しながら大事に乗り続けられてきた2オーナー車となります。

  2. 1967y Lancia Fulvia Coupe 1.2

    このモデルはランチアに主任設計者として招聘されたアントニオ・フェッシアがデザインを手がけたモデルで、狭角(13度)V型4気筒SOHCエンジン縦置レイアウトの前輪駆動という非常に凝ったメカニズムと高い工作技術で製作されています。

  3. 1970y VW Type 2 Late bus Camper

    フォルクスワーゲン・タイプ2(Volkswagen Type 2)はフォルクスワーゲンが製造する商用自動車です。 一般には、フォルクスワーゲン社のトランスポルター(Transporter)の第1世代(T1)、第2世代(T2)を指して“タイプ2”と呼んでいます。

  4. 1968y MERCEDES BENZ 280SL

    300SL、190SLに続く第2世代のSLとして1963年のジュネーヴ・モーターショーで2.3L 直6SOHCエンジン(ボッシュ製の機械式燃料噴射装置付き)を積んだ230SLがデビューしました。

  5. 1962y Austin Healey Sprite Mk.II

    このモデルは“カニ目”の愛称で親しまれたスプライトMk.Iの後継であり、MGミジェットの兄弟車で、愛好家からはスプライトとミジェットの両者を纏めて“スプリジェット”と呼ばれ親しまれています。

  6. 1990y MINI MOKE 25

    ミニ・モークは1964年、BMCミニの5番手の派生車種としてもともと英国軍用車用に開発されましたが、最低地上高の問題などで不採用になったためコストと維持費を安くして一般向け車両としてリリースされたのが最初です。

ページ上部へ戻る