1962y Alfa Romeo Giulia Spider

アルファロメオ ジュリエッタは、量産車メーカーに転換したアルファロメオが、さらに生産規模を拡大すべく開発した小型のモデルで、ベルトーネの当時のチーフスタイリスト、フランコ・スカリオーネがデザインした2ドアクーペをベースに、ピニン・ファリーナがオープンボディのスパイダーをデザインしました。当初はクーペ同様に1300ccエンジンでしたが、1570ccエンジンに換装したのちジュリア・スパイダーと改名して1965年まで継続生産されました。

今回輸入いたしました1962年アルファロメオ ジュリア・スパイダーは、当社スタッフが2度に亘る現地訪問の末、ローマ在住のヴィンテージカーコレクターより購入した車両で内外装ともにグッドコンディションです。ボディカラーのアッズーロ(水色)はまるで澄みきった地中海の青い空を連想させてくれます。
当社にて各部メンテナンス・調整後のお引渡しとなります。

価格(円) SOLDOUT
年式 1962年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 5速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1570
アクアブルー
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 2人
所有者歴
ドア 2D
修復歴
駆動方式 FR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 382

関連車輌

  1. 1971y FIAT 500L

    NUOVA 500 はルパン三世(カリオストロの城)のクルマとしても有名ですが、イタリアでも庶民に向けた車両として広く親しまれ大ヒットしたモデルです。

  2. 1946y Fiat 500A Topolino

    映画”ローマの休日”にも登場したイタリアの古き良き時代を思い出させてくれるトポリーノ。 愛らしいスタイリングでありながらも、自動車史に残るエポックメイキングな1台。

  3. 1961y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    稀少カラー ”トルネードブルー” を身に纏った ジュリエッタ スプリントが入庫いたしました。 オリジナルカラーの ”トルネードブルー” は本国イタリアでも珍しく、市場に出回っている台数も少ない為、コレクター間にて常に人気があります。

  4. 1968y MERCEDES BENZ 280SL

    300SL、190SLに続く第2世代のSLとして1963年のジュネーヴ・モーターショーで2.3L 直6SOHCエンジン(ボッシュ製の機械式燃料噴射装置付き)を積んだ230SLがデビューしました。

  5. 1973y MGB GT

    MGB GTはイタリアの代表的なカロッツェリアであるピニンファリーナ社デザインによる2ドア・ハッチバック・クーペで、信頼性が高く、また単純な構造の為、比較的維持しやすくビンテージカーの入門車種としてオススメの一台です。

  6. 1969y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

    ジュリアシリーズのクーペとして1966年にデビューした1300GT Jr.。 1290ccと小排気量ながら、アルファロメオ独自のツインカムエンジンから88HPを絞り出しスポーティなクーペとして人気を博しました。

ページ上部へ戻る