1963y FIAT 600D

設計者のダンテ・ジアコーザにより当時としては革新的なRRレイアウトが採用され、1955年のジュネーブ・ショーでデビューしたのが 600 である。
デビューから5年後の’60年にはモデル・チェンジが行われ、600D へと変化する。重要な変更点はエンジンの排気量が633ccから767ccに拡大されたことで、最高出力は29HPに向上。最高速度も110km/hまで到達している。こうして 600、600D は1969年まで生産が行われ、総生産台数245万2107台を記録するヒットモデルとなった。
この度入庫致しました 1963年 フィアット 600D はラリードライバーで、予てより親交のあるエンリコ氏より ”是非見て欲しい車がある” との連絡を受け、当社スタッフが直接北西部イタリアへ赴き、現車確認を行った上で購入した1台です。3オーナーであるこのクルマの素性は非常に素晴らしく、エクステリアカラーの ”ビアンコ” (ホワイト)は 、当時のオリジナルペイントを残しております。また不必要な加修は加えられておらず、非常にオリジナル性の高い1台です。
フィアット 500/600 で、工場出荷時のオリジナルペイントが残っている状態の個体に出会えることは、今日大変難しくなっております。オーナーからオーナーへと大切に引き継がれてきたこのクルマの、次のオーナーに是非なられてみてはいかがでしょうか。

価格(円) 278万円
年式 1963年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 767
ホワイト
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴 3オーナー
ドア 2D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 580

関連車輌

  1. 1969y FIAT 850 Sport Racer Berlinetta

    ”フィアット 850 スポルト レーサー ベルリネッタ” はベルトーネ社内でデザインした固定式ハードトップを持つ特別なモデルで、約2000台のみ生産されたと言われています。

  2. 1963y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    ジュリエッタ スプリントを含むジュリエッタ系は一般市民でも無理をすれば手が届くスポーティーカーとして大成功を収め、アルファロメオの経営基盤を確立させたモデルです。

  3. 1963y AUTOBIANCHI Bianchina

    ヨーロッパ買付車両、2019年2月下旬広島港着船予定!!

  4. 1960y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    ”ブル トルナード” 稀少カラー ”トルネードブルー(カラーcode AR319)” を身に纏った ジュリエッタ スプリントは本国イタリアでも珍しく、市場に出回っている台数も少ない為、コレクター間にて常に人気があります。

  5. 1971y Autobianchi A112

    今回輸入したのは 1971年製の アウトビアンキ A112 で、実質アウトビアンキの最後のモデルとなった車両です。この個体は ”プリマセリエ” (ファーストシリーズ 1969-71年 生産モデル) と呼ばれ、本国イタリアでも市場に出回る数が少なくとても貴重です。

  6. 1973y Alfa Romeo Giulia Super 1.3

    アルファロメオ ジュリア(ベルリーナ:セダン)は高性能な小型スポーツサルーンとして生み出されました。 コンパクトな車体にスポーツカー並みのDOHCエンジンが搭載されたジュリアシリーズは発売当時より人気を博し、1962年~1977年に渡って生産されました。

ページ上部へ戻る