1966y LANCIA FULVIA 2C

1963年にアッピアの後継車としてジュネーブ・モーターショーで発表されたフルヴィアは、イタリアの自動車メーカー・ランチアが1963年から10年間製造・販売した小型乗用車です。
ランチアに主任設計者として招聘されたアントニオ・フェッシアがデザインを手がけたモデルで、狭角(13度)V型4気筒SOHCエンジン縦置レイアウトの前輪駆動という非常に凝ったメカニズムと高い工作技術で製作されています。
また、フィアットの傘下に入る前に設計された、最後の純粋なランチアとしてのモデルでもあります。

この度ご紹介させていただきます 1966年製 ランチア フルヴィア ベルリーナ は最初に登場した4ドアセダンで”2C”はツインキャブレター化などにより最高出力を71馬力に高めたモデルです。
イタリア本国にてエクステリアカラーのランチアブルーの美しさと、内・外装、機関等に至るまで、その状態の良さに惚れ込んで購入したこの個体は、ASI (イタリアクラッシックカー協会)認定車両で、その中でも最上位の位置づけとなるゴールドプレートを取得しております。
コラムシフトで非常に軽快な操作が可能で、とても実用的な設計のフルビア 2C、ご興味ありましたら是非一度、当ショールームにご来場の上、ご試乗いかがでしょうか。

価格(円) 328万円
年式 1966年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1091
ブルー
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 5人
所有者歴 3オーナー
ドア 4D
修復歴
駆動方式 FF
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 365

関連車輌

  1. 1963y FIAT 600D

    3オーナーであるこのクルマの素性は非常に素晴らしく、エクステリアカラーの ”ビアンコ” (ホワイト)は 、当時のオリジナルペイントを残しております。また不必要な加修は加えられておらず、非常にオリジナル性の高い1台です。

  2. 1972y SIMCA 1000 RALLYE 2

    この度輸入いたしました、1972年製 シムカ 1000 ラリー2は”世界一のシムカ屋”と自信たっぷりの元ラリードライバーであるオーナーが営むアウトサローネより購入した1台です。

  3. 1972y Fiat 500L

    ヨーロッパ買付車両、2019年2月下旬広島港着船予定!!

  4. 1968y FIAT 850 SPORT COUPE

    ヨーロッパ買付車両、2019年2月下旬広島港着船予定!!

  5. 1970y Fiat 500L

    ヨーロッパ買付車両、2019年3月中旬広島港着船予定!!

  6. 1966y LANCIA FULVIA COUPE 1.2

    当社の得意とする販売ラインナップの中でも1、2を争う人気車種のフルヴィア クーペ シリーズ!! この個体は ASI (イタリアクラッシックカー協会)認定車両で ”Ⅱ GRADO” の証明となるシルバープレート付属となっております。

ページ上部へ戻る