1968y Alfa Romeo Giulia 1300TI

アルファロメオ ジュリア(ベルリーナ:セダン)は高性能な小型スポーツサルーンとして生み出されました。
コンパクトな車体にスポーツカー並みのDOHCエンジンが搭載されたジュリアシリーズは発売当時より人気を博し、1962年~1977年に渡って生産されました。
1965年に登場した1300 TI、エンジンはジュリア系のものに改められ、同じ1290ccながら85HP/6,000rpmにパワーアップした。

この車両は、他にも数台のヴィンテージカーを所有するアルファロメオコレクターが2014年にフルレストア後、ガレージにて大切に保管していた車両を当社スタッフが現地にて交渉の末、譲っていただいた1台です。
内外装、機関等すべてにおいてコンクールコンディションに仕上げられております。またこの車両は既に国内登録済みで、当社にてすべての点検整備を終えているため、即日ご納車可能となっております。

価格(円) SOLDOUT
年式 1968年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 5速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1290
ベージュ
車検 平成31年2月
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 5人
所有者歴
ドア 4D
修復歴
駆動方式 FR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 648

関連車輌

  1. 1972y LANCIA FULVIA COUPE 1600 HF 2nd series

    ランチアに主任設計者として招聘されたアントニオ・フェッシアがデザインを手がけたモデルで、狭角(13度)V型4気筒SOHCエンジン縦置レイアウトの前輪駆動という非常に凝ったメカニズムと高い工作技術で製作されています。

  2. 1969y Fiat 500L Giannini 500TV

    ジャンニーニ 500TV は1963年にジャンニーニによって最初に手がけられた フィアット 500 のチューンカーで最高速度は110km/h を記録。

  3. 1970y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

    ジュリアシリーズのクーペとして1965年にデビューした1300GT Jr.。 1290ccと小排気量ながら、アルファロメオ独自のツインカムエンジンから88HPを絞り出しスポーティなクーペとして人気を博しました。

  4. 1971y Alfa Romeo 1300 GT Jr. Zagato

    アルファ・ロメオ ジュニアZはイタリアの自動車メーカー・アルファ・ロメオ社が1969年から1975年まで生産したスポーツGTで、車名の「Z」(ザガートの略)の元になった2座クーペボディはこの車の最大の魅力となっております。

  5. 1968y Fiat 500L

    此の1968年製 フィアット 500L のエクステリアカラー”マットーネ(レンガ色)”は、当時イタリアで大変人気の高い色でした。長い時を隔てた今日の街中でもきっと多くの人を魅了するでしょう。

  6. 1973y Fiat 124 Special

    今回輸入いたしました1973年フィアット 124 スペシャルは当初の1,197cc/65馬力の標準型に加え、1968年に排気量を1,438ccに拡大して,70馬力として追加されたモデルとなっております。

ページ上部へ戻る