1968y Alfa Romeo Giulia 1300TI

アルファロメオ ジュリア(ベルリーナ:セダン)は高性能な小型スポーツサルーンとして生み出されました。
コンパクトな車体にスポーツカー並みのDOHCエンジンが搭載されたジュリアシリーズは発売当時より人気を博し、1962年~1977年に渡って生産されました。
1965年に登場した1300 TI、エンジンはジュリア系のものに改められ、同じ1290ccながら85HP/6,000rpmにパワーアップした。

この車両は、他にも数台のヴィンテージカーを所有するアルファロメオコレクターが2014年にフルレストア後、ガレージにて大切に保管していた車両を当社スタッフが現地にて交渉の末、譲っていただいた1台です。
内外装、機関等すべてにおいてコンクールコンディションに仕上げられております。またこの車両は既に国内登録済みで、当社にてすべての点検整備を終えているため、即日ご納車可能となっております。

価格(円) SOLDOUT
年式 1968年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 5速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1290
ベージュ
車検 平成31年2月
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 5人
所有者歴
ドア 4D
修復歴
駆動方式 FR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 648

関連車輌

  1. 1966y PORSCHE 912

    ポルシェ912は、911のボディに356の最終型SC用水平対向4気筒OHV、ボアφ82.5×ストローク74mmで1,582ccの空冷エンジンを積んだものです。

  2. 1973y Alfa Romeo Giulia Super 1.3

    アルファロメオ ジュリア(ベルリーナ:セダン)は高性能な小型スポーツサルーンとして生み出されました。 コンパクトな車体にスポーツカー並みのDOHCエンジンが搭載されたジュリアシリーズは発売当時より人気を博し、1962年~1977年に渡って生産されました。

  3. 1970y Fiat 500L

    ヨーロッパ買付車両、2017年10月上旬広島港着船予定!!

  4. 1986y CITROEN CX Prestige

    シトロエンCXは、1974年にDSの後継車としてデビューした、シトロエンのフラッグシップ・モデルでした。1985年に大規模な改修を行い、最終モデルは1989年まで製造されました。

  5. 1967y LANCIA FULVIA COUPE RALLYE 1.3

    フルビアクーペの排気量を1200ccから1300ccにアップし、79馬力から86馬力にパワーアップしたのがこのRallye 1.3です。

  6. 1970y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

    ジュリアシリーズのクーペとして1965年にデビューした1300GT Jr.。 1290ccと小排気量ながら、アルファロメオ独自のツインカムエンジンから88HPを絞り出しスポーティなクーペとして人気を博しました。

ページ上部へ戻る