1968y Fiat 500L

フィアット500 は現在もフィアット社の看板ブランドとして販売されていますが、現行の500 (2007-) は3代目となります。その歴史は長く初代500 (1936-1955) は映画ローマの休日でヒロインの王女(オードリー・ヘプバーン)が街中を立ち乗りするシーンに使われたクルマで、当時のイタリアを象徴する大衆車です。

1968年製のこの 500L は、イタリアクラシックカー協会北部支部の役員でもある、オーナーのマルコ氏が、2008年に個人で購入後、オリジナルに忠実に手塩に掛けフルレストアを施した車で、フィアットコレクターである同氏のご自宅に赴き直接交渉の上、買い付けた車両です。
この個体は、ASI(イタリアクラッシックカー協会)認定車両で、その中でも最上位の位置づけとなるゴールドプレートを取得、またエクステリアカラーは本国イタリアでも人気の高い ”ブル・トゥルケーゼ(トルコブルー)” カラーコード(419-086A)です。
内外装・機関とコンクールコンディションに仕上げられたこの1台からは、前オーナーのフィアット愛が余すことなく伝わってきます。

価格(円) 279万円
年式 1968年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 500
トルコブルー(ブル トゥルケーゼ)
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴
ドア 2D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 972

関連車輌

  1. 1970y Fiat 500L Giannini 650NP

    ヨーロッパ買付車両、2019年2月下旬広島港着船予定!!

  2. 1963y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    ジュリエッタ スプリントを含むジュリエッタ系は一般市民でも無理をすれば手が届くスポーティーカーとして大成功を収め、アルファロメオの経営基盤を確立させたモデルです。

  3. 1962y FIAT 600D

    ファーストオーナーより屋内保管にて大切に受け継がれてきた為、コンディションは、内・外装、機関等どの部分をとっても素晴らしい仕上がりです。エンジンの始動性、吹け上がりもとても良く、当社お勧めの1台です。

  4. 1966y LANCIA FULVIA COUPE 1.2

    当社の得意とする販売ラインナップの中でも1、2を争う人気車種のフルヴィア クーペ シリーズ!! この個体は ASI (イタリアクラッシックカー協会)認定車両で ”Ⅱ GRADO” の証明となるシルバープレート付属となっております。

  5. 1971y Autobianchi A112

    ヨーロッパ買付車両、2019年2月下旬広島港着船予定!!

  6. 1972y Fiat 500L

    ヨーロッパ買付車両、2019年2月下旬広島港着船予定!!

ページ上部へ戻る