1969y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

ジュリアシリーズのクーペとして1965年にデビューした1300GT Jr.。
1290ccと小排気量ながら、アルファロメオ独自のツインカムエンジンから88HPを絞り出しスポーティなクーペとして人気を博しました。
1970年までのいわゆる“段付き”と呼ばれるモデルは、日本でも特に人気が高く、コンディションの良い車両は少なくなっているのが現状です。

今回ご案内させていただきます アルファロメオ 1300GT Jr.は、以前本国イタリアにて、ヴィンテージ アルファロメオのオーナー様をつてにご紹介いただいた、個人オーナー所有の車両を当社スタッフが現地にて現車確認を行ったうえで買付けた1台です。
こちらの車両は、既に国内登録済み且つ、すべての点検整備を終えているため、即日ご納車可能となっております。
近年 ”段付き”GT Jr.は、本国イタリアにおいても価格が急高騰し続けており、入手も困難になりつつあります。是非この機会に、ヴィンテージ アルファの中でも人気の高いGT Jr.のオーナーになられてみてはいかがでしょうか。

価格(円) SOLDOUT
年式 1969年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 5速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1290
グリーン
車検 令和2年1月
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴
ドア 2D
修復歴
駆動方式 FR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 094

関連車輌

  1. 1970y Alfa Romeo 1300 GT Jr. Zagato

    1969年のトリノ・モーターショーでデビューしたジュニアZは、1300が1970年から1972年の間に1108台、1600が1972年から1975年の間に402台のみ生産された大変希少な車です。

  2. 1973y INNOCENTI MINI 1300 Export

    イノチェンティ ミニはイタリアのイノチェンティ社でライセンス生産され1966年にデビューしたイタリア生まれのミニ。トリム・電装品・ボディのプレス部品・ホイールやタイヤなど、エンジンやトランスミッション以外はイタリアで調達され、ミラノの東にあるイノチェンティの広大な工場で生産された。

  3. 1971y BMW 2002

    BMW・02シリーズはBMWが1966年から1977年にかけて製造、販売した小型2ドアセダンで、日本では「マルニ」の通称で親しまれ、最も生産台数が多かった2000ccエンジンを搭載した2002、1966年デビューの1600-2は後に1602と改称され、中間車種の1800ccエンジン搭載の1802、1600ccエンジンを搭載したモデル末期の1502などがある。

  4. 1969y LANCIA FULVIA COUPE RALLYE 1.3

    ヨーロッパ買付車両、2016年7月広島港着船!!

  5. 1961y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    今回輸入いたしました1961年製アルファロメオ ジュリエッタ スプリントは、他にも多数のヴィンテージカーを所有するボローニャのコレクターがガレージで大切に保管していた車両を当社スタッフが現地にて厳選した上で譲っていただいた1台です。

  6. 1966y FIAT 600D

    此の600Dは、イタリアにて買付けを行う際、必ず訪れる北イタリアのショールームで購入した1台です。上質な車両のみ仕入れ、いつも丁寧な仕上げを行っている信頼のおけるアウトサローネより購入しました。

ページ上部へ戻る