1971y Autobianchi A112

アウトビアンキ (AUTOBIANCHI) とは1955年から1992年の間に存在したイタリアの自動車メーカーで、もともと自転車メーカービアンキの自動車部門が第二次世界大戦後経営不振に陥り、フィアットとピレリの資金援助によって、ビアンキから独立して 「アウトビアンキ」 となりました。
フィアットの傘下となったアウトビアンキは、小型車の先進技術を率先して採用するパイロット・ブランドとしての役割を担いました。

今回輸入したのは 1971年製の アウトビアンキ A112 で、実質アウトビアンキの最後のモデルとなった車両です。この個体は ”プリマセリエ” (ファーストシリーズ 1969-71年 生産モデル) と呼ばれ、本国イタリアでも市場に出回る数が少なくとても貴重です。
また、この A112 はファーストオーナーのシニョーレが、新車からずっと大切に乗り続けていた1オーナー車両を、ヴィンテージカーコレクターのマウリツィオ氏が、2011年に譲り受け、丁寧な加修を加えた後、大事に所有し続けていたクルマです。
当社が自信を持ってお勧めさせて頂く、この A112 には特典として、本国オリジナルの取扱説明書とユーザーマニュアルガイドブックに加え、通常入手不可能な本国所有者証(原本)を付属させて頂いてのお届けになります。

価格(円) SOLDOUT
年式 1971年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 900
イエロー
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴 2オーナー
ドア 3D
修復歴
駆動方式 FF
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 474

関連車輌

  1. 1967y FIAT DINO SPIDER 2000

    フィアット ディーノはフェラーリが65度V型6気筒 DOHCエンジンをフォーミュラ2に参戦可能なホモロゲーション取得の為、フィアットに量産を願い出たモデルで、DINO 206GTと同じフェラーリによる設計のアルミ製シリンダーブロックを持つ V6 エンジンを搭載。

  2. 1975y Alfa Romeo Giulia 2000 GT Veloce

    2000GTヴェローチェは、基本的には1750GTヴェローチェに2.0LにボアアップしたDOHC4シリンダー・ユニットを搭載したもので、ジュリア クーペ・シリーズとしては最高のスペックを誇っています。安定した操縦性とパワフルなエンジンはこの車の魅力となっております。

  3. 1964y PORSCHE 356C

    356は初めてポルシェの名を冠して製造された量産モデルであり、1948年からモデルチェンジを繰り返しながら1965年まで製造されました。

  4. 1970y Alfa Romeo 1300 GT Jr. Zagato

    1969年のトリノ・モーターショーでデビューしたジュニアZは、1300が1970年から1972年の間に1108台、1600が1972年から1975年の間に402台のみ生産された大変希少な車です。

  5. 1990y MINI MOKE 25

    ミニ・モークは1964年、BMCミニの5番手の派生車種としてもともと英国軍用車用に開発されましたが、最低地上高の問題などで不採用になったためコストと維持費を安くして一般向け車両としてリリースされたのが最初です。

  6. 1970y Alfa Romeo 1300 GT Jr. Zagato

    1969年のトリノ・モーターショーでデビューしたジュニアZは、1300が1970年から1972年の間に1108台、1600が1972年から1975年の間に402台のみ生産された大変希少な車です。

ページ上部へ戻る