1972y SIMCA 1000 RALLYE 2

シムカ 1000は、フランスの自動車メーカー・シムカ(1934年、フィアット社によってフランスで設立されたメーカー)が1961年から1978年まで生産したRRレイアウトの4ドアセダンである。 生産年が後半になるにつれ、ラリー車としてのイメージを色濃く反映しながら販売される傾向が強まりました。 またフランス国内では大衆車として、ルノー・8と並び称された。 この度輸入いたしました、シムカ 1000 ラリー2は元ラリードライバーであるオーナーが営むアウトサローネより購入した1台です。 氏曰く”世界一のシムカ屋”と自信たっぷりの説明にも納得、展示場や複数箇所ある保管スペースにところ狭しと、フルレストア済みの車両からレストアベースの個体までを併せると、100台前後のシムカを所有されています。 そんなシムカ愛たっぷりのオーナーが、オリジナルに忠実に細部までこだわりフルレストアを施した現車を、是非当社ショールームにてお確かめ下さい。
価格(円) SOLDOUT
年式 1972年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1294
ジョーヌ ラリー(イエロー)
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴 3オーナー
ドア 4D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 50J

関連車輌

  1. 1960y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    ”ブル トルナード” 稀少カラー ”トルネードブルー(カラーcode AR319)” を身に纏った ジュリエッタ スプリントは本国イタリアでも珍しく、市場に出回っている台数も少ない為、コレクター間にて常に人気があります。

  2. 1970y Porsche 914/4 1.7

    ポルシェ914は、フォルクスワーゲンのパーツを流用しながらも、そのレイアウトはポルシェ独自にデザインされ、エンジンとトランスミッションを前後逆に配置しミドシップマウントとし、重量物が中央に集中することで前後重量配分を適正値に収めることにより運動性能の向上を図っています。

  3. 1973y AlfaRomeo Giulia Super

    イタリア買い付け車両、2015年3月11日着船!

  4. 1969y MERCEDES BENZ 280SL

    300SL、190SLに続く第2世代のSLとして1963年のジュネーブ・モーターショーでボッシュ製の機械式燃料噴射装置付き2.3L 直6SOHCエンジンを積んだ230SLがデビューしました。 1978年に250SLに、そして1968年には機械式燃料噴射装置付き2.8L 直6SOHCエンジンを積んだ280SLへ進化したのがこのモデルです。

  5. 1966y LANCIA FULVIA 2C

    イタリア本国にてエクステリアカラーのランチアブルーの美しさと、内・外装、機関等に至るまで、その状態の良さに惚れ込んで購入したこの個体は、ASI (イタリアクラッシックカー協会)認定車両で、その中でも最上位の位置づけとなるゴールドプレートを取得しております。

  6. 1972y BMW 1602

    この度ヨーロッパより輸入したBMW1602は、2オーナーとなりますが、レストアされる事なく数年前までドイツ人の女性オーナーが所有されていた車両です。

ページ上部へ戻る