1973y Autobianchi A112 Abarth

アウトビアンキ (AUTOBIANCHI) とは1955年から1992年の間に存在したイタリアの自動車メーカーで、もともと自転車メーカービアンキの自動車部門が第二次世界大戦後経営不振に陥り、フィアットとピレリの資金援助によって、ビアンキから独立して 「アウトビアンキ」 となりました。
フィアットの傘下となったアウトビアンキは、小型車の先進技術を率先して採用するパイロット・ブランドとしての役割を担いました。

今回輸入したのは 1973年製の アウトビアンキ A112 アバル トで、1971年に正式にフィアットの傘下に組み入れられることになった ”アバルト” の名が、フィアット・グループの市販車にグレード名として初めて与えられたモデルとなりました。
また、アバルトの名を日本に広く知らしめたモデルとしても有名です。
フロントにアルファベットで 「AUTOBIANCHI ABARTH」 の文字のロゴが装着された貴重な初期型、是非ご試乗の上その痛快かつ俊敏な走りをお愉しみ下さい。

価格(円) SOLDOUT
年式 1973年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 982
レッド
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴
ドア 3D
修復歴
駆動方式 FF
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 458

関連車輌

  1. 1968y MERCEDES BENZ 280SL

    こちらの280SLは日本に入庫後、ヤナセテックにてエンジンや駆動系はもとよりボディに至るまでフルレストアを施されており、エンジンの始動性や走り、ドアやフードのボディラインなど全てにおいてご納得いただける一台です。

  2. 1968y Alfa Romeo Giulia 1300TI

    ヴィンテージカーを複数台所有するイタリアのアルファロメオコレクターが2014年にフルレストア後、ガレージにて大切に保管していた車両を当社スタッフが現地にて交渉の末譲っていただいた1台で、内外装、機関等すべてにおいてコンクールコンディションに仕上げられております。

  3. 1969y Alfa Romeo 1300 GT Jr.

    ジュリアシリーズのクーペとして1965年にデビューした1300GT Jr.。 1290ccと小排気量ながら、アルファロメオ独自のツインカムエンジンから88HPを絞り出しスポーティなクーペとして人気を博しました。

  4. 1968y LOTUS ELAN S3

    ロータス・エラン S3、フィクスヘッド・クーペ(FHC)の高性能モデルSE(スペシャル・エクイップメント)です。

  5. 1957y TRIUMPH TR3A

    トライアンフは戦前からバイクを作っていたメーカーで、1923年より軽量スポーツのイメージを前面に自動車を造った伝統的な英国のメーカーです。 トライアンフ・ロードスターの頭文字を取った上級モデルは市販はTR2からTR7まで続きました。 なかでも人気なのが、このTR3です。

  6. 1972y Fiat 500L Giannini 650NP

    ヨーロッパ買付車両、2017年8月上旬広島港着船予定!!

ページ上部へ戻る