1974y SIMCA 1000 RALLYE 1

シムカ 1000は、フランスの自動車メーカー・シムカ (1934年、フィアット社によってフランスで設立されたメーカー) が1961年から1978年まで生産したRRレイアウトの4ドアセダンである。
生産年が後半になるにつれ、ラリー車としてのイメージを色濃く反映しながら販売される傾向が強まりました。
またフランス国内では大衆車として、ルノー・8と並び称された。

この度輸入いたしました、シムカ 1000 ラリー1は、オーナー曰く ”世界一のシムカ屋” と、自他共に認めるシムカを専門に取り扱うアウトサローネより購入した1台です。
シムカラリーの代表的なエクステリアカラーの一つであるレッドには、”ルージュ サルド(サルデーニャ レッド)”・”ルージュ オランジュ スマトラ(スマトラ オレンジ)”など細かな設定があり、この個体はボディカラーのルージュ オランジュ スマトラから、細部の細かなパーツに至るまで、オリジナルに忠実にフルレストアを施されています。
前オーナーの愛情のこもった1台を、是非当社ショールームにてお確かめ下さい。

価格(円) SOLDOUT
年式 1974年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1294
ルージュオランジュスマトラ(オレンジ)
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴
ドア 4D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 59K

関連車輌

  1. 1966y Alfa Romeo Giulia 1600TI

    ヨーロッパ買付車両、2017年2月中旬広島港着船予定!!

  2. 1971y Fiat 500L Giannini 500TV

    ヨーロッパ買付車両、2016年12月下旬広島港着船予定!!

  3. 1970y Alfa Romeo 1300 GT Jr. Zagato

    1969年のトリノ・モーターショーでデビューしたジュニアZは、1300が1970年から1972年の間に1108台、1600が1972年から1975年の間に402台のみ生産された大変希少な車です。

  4. 1959y LANCIA APPIA Ⅱ SERIE

    小型車アルデアの後継として1953年に発売されたアッピアは名車アプリリア以来受け継がれたセンターピラーレス、及び観音開きの前後ドアを継承した最後のモデルです。

  5. 1963y FIAT 600D

    中部イタリア、ローマ近郊にて個人コレクターより購入したこの車のコンディションは、内・外装、機関等どの部分をとっても素晴らしい仕上がりです。

  6. 1986y CITROEN CX Prestige

    シトロエンCXは、1974年にDSの後継車としてデビューした、シトロエンのフラッグシップ・モデルでした。1985年に大規模な改修を行い、最終モデルは1989年まで製造されました。

ページ上部へ戻る