T.KIYONAKA
サービスエンジニア
各自がなすべきことを知っている、
だから安心してバトンが渡せる。
サービスエンジニア
所属部署:サービス 現在の役職:一般職 入社年:2021年 前職:技術職 Alfa Romeo広島
実は根っからの「負けず嫌い」というKさん。整備でわからないことがあれば、人知れず勉強し、リベンジを果たすそう。趣味はバイク、読書、古着屋めぐり。ちなみに休日ファッションはかなり独創的なスタイルとのこと。
新技術だけではない!ときには古いスキルも必要
前職は民間車検等を請け負う工場で働いていたのですが、車種・メーカーを問わず、軽自動車から6トントラックまで幅広いクルマを扱っていました。ただ、それだけではクルマに対する専門知識を深めることができないと感じて、今まで触れたことのない輸入車ディーラーへの転職を決めました。
実際に転職してからはその個性豊かな見た目や独特な整備のあり方に圧倒されるばかりです。これからは電気自動車が台頭してくるといわれていますが、お客さまの中にはアルファロメオの中でもけっこう古い時代のクルマを気に入って乗り続けていらっしゃいます。そうしたお客さまに対応するには、古いクルマに対する知識が必要となってきます。ある種、時代に逆行するようなところがあり、エンジニアとしては新旧双方のスキルが身につき、幅広い技術を磨くことができるのでトクした気分です(笑)。
一度経験した作業は必ずレベルアップさせたい!
前職でもお客さまに直接対応することはあったのですが、今ほど徹頭徹尾、お客さまに寄り添うような接客は行なっていませんでした。
だから、接客能力に関してはかなりスキルアップしており、それが自信につながっています。自分でも進歩したなと感じているのは説明の仕方ですね。ただでさえわかりにくいメカニックのことをそのまま伝えるのではなく、身近なことに喩えながら、わかりやすくお伝えするように心がけています。
また、一度経験した作業に関しては、応用力やスピードなどもかなり意識して作業しています。われながら“負けず嫌い”の性分なため、一度経験したことは必ずレベルアップさせたいタイプ!人知れず勉強して、新しく体験したことは必ず自分のものにしています。先輩たちに「やるじゃないか!」と感心されるのがちょっと快感なんです。
目標は安心してバトンを渡せる人になること
たとえばチームで1台のクルマを点検している際に、この会社ならではの連携力の高さを感じます。一人ひとりが作業の流れをしっかり理解しているので、無駄な動きがまったく見当たりません。スムーズに作業が進むのも、リフトの回転率がよいのも、各自の能力が高いからこそです。
ただ、自分はまだ経験値も浅いため、できることが限られています。だから、今後はより多くの業務を任せてもらえるようにしたいですね。自分には足りない部分がたくさんあり、より多くの経験を積む必要があります。先輩方の故障診断技術やマネジメント、接客対応なども、もっと学びたいところ…。先輩たちに教えを請いながら、バランスよく成長していきたいと思っています。そうすれば業務を任してくれる先輩たちに対しても、安心してバトンを渡してもらえるようなチームの一員になれると信じています。
「自分を試したい」という人にはぴったりの会社
自分自身もけっこうな個性派だと思っていたのですが、この会社には自分よりもはるかに上をいく個性的な人間がたくさんいます(笑)。
やっぱり輸入車ディーラーという職種柄でしょうか?人とは違うものを求める人が多いのかもしれませんね。
しかし、ただ個性的というだけではありません。みなさん、それぞれとても仕事のできる方ばかり。見ていて飽きないし、思いもつかないような視点の答えを得られる事があり、とても勉強になります。個性豊かな先輩たちに囲まれて、自分もチャレンジしてみたいという気持ちになるし、また、そうした姿勢が評価される環境でもあります。
当社はやればやるだけ認めてもらえるし、年功序列というわけでもありません。自分を試してみたいと考える方にはぴったりの場所だと思います。