先輩社員にインタビュー
どんな人が働いている?

職業病は?

カメラでもおもちゃでも壊れたものをとにかく診断して直したくなりますね。
あとは作業中に「神がおりてくる」ことがあります。
整備って、通常は整備書にならって進めていくものですが
自分の頭の中でイメージして考えた通りの独自のルートで、すんなり部品がとれたりするんです。
それはまさに「神のルート」の発見(笑)。
上司や同僚と共有すると尚おもしろいですよ。

どんな風に部下を褒めますか?

以前に伝えたことが実践できていた時に
「よう見とったね」
「早いじゃん」
と一言添えるようにしています。
例えば、前回作業した内容を自分なりに工夫、応用して作業に取り組んでいると感じた時などですね。
日々の小さな進歩も褒めるようにしています。

失敗談は?

自分のした作業やお客様への対応で、会社に大きな損害を与えたこともあります。
上司に指導を受け、そのときすぐには素直に反省できない部分もありましたが
失敗したことによって今後の改善点を知ることができました。

ページ上部へ戻る