1968y FIAT 850 SPORT COUPE

フィアット850クーペはフィアット850ベルリーナ(セダン)に遅れること1年、1965年に発表されました。
1968年より、マイナーチェンジにより850スポーツクーペとなり、排気量を903ccに引き上げ、9.5:1に高められた圧縮比やツインチョークキャブレターと相まって52HP(DIN)を発揮するようになりました。
また、フォグランプやバンパーにオーバーライダーが追加されたことにより、スタイルもよりスポーティに一新されています。

この1968年製 フィアット850スポルトクーペは、北イタリア在住の医師が、当時新車で購入してからずっと大切に乗り続けられた後、同じくドクターであるご子息へと引き継がれた個体で、近所に住む友人であり、ヴィンテージカーコレクターでもあるマルコ氏が彼らにお願いをして譲り受けたクルマで、3オーナー車両となります。
イタリア車らしいライトブルーが映えるクーペは、約50年もの間不必要な加修を加えることもなく、近しい間柄でのみ大切に受け継がれてきました。
当時、1stオーナーが隣町までこのクルマで往診に駆けっていたであろう様子に思いを馳せながらお乗り頂きたい1台です。

価格(円) SOLDOUT
年式 1968年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 4速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 900
ブルー
車検 新規3年付き
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴 3オーナー
ドア 2D
修復歴
駆動方式 RR
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 193

関連車輌

  1. 1961y Alfa Romeo Giulietta Sprint

    稀少カラー ”トルネードブルー” を身に纏った ジュリエッタ スプリントが入庫いたしました。 オリジナルカラーの ”トルネードブルー” は本国イタリアでも珍しく、市場に出回っている台数も少ない為、コレクター間にて常に人気があります。

  2. 1967y LANCIA FULVIA COUPE RALLYE 1.3

    このモデルはランチアに主任設計者として招聘されたアントニオ・フェッシアがデザインを手がけたモデルで、狭角(13度)V型4気筒SOHCエンジン縦置レイアウトの前輪駆動という非常に凝ったメカニズムと高い工作技術で製作されています。排気量を1200ccから1300ccにアップし、79馬力から86馬力にパワーアップしたのがこのRallye 1.3です。

  3. 1972y Fiat 500L

    ヨーロッパ買付車両、2019年2月下旬広島港着船予定!!

  4. 1973y Giulia Super 1.3

    個人のオーナー様が倉庫で複数のビンテージカーと共に大切に所有されていた車両で正規輸入ディーラー車となり、実走行9000kmという大変希少な車両になります。

  5. 1968y Alfa Romeo Giulia 1300TI

    1965年に登場した1300 TI、エンジンはジュリア系のものに改められ、同じ1290ccながら85HP/6,000rpmにパワーアップした。

  6. 1970y FIAT 850 SPORT COUPE

    此のFIAT 850 SPORT COUPEは、ミラノ市在住のヴィンテージカーコレクターより買付けた車両で2オーナー車両となります。

ページ上部へ戻る