1971y LANCIA FULVIA COUPE 1600 HF 2nd series

 

ランチアに主任設計者として招聘されたアントニオ・フェッシアがデザインを手がけたモデルで、狭角(13度)V型4気筒SOHCエンジン縦置レイアウトの前輪駆動という非常に凝ったメカニズムと高い工作技術で製作されています。

この度入庫いたしました当車両は、高性能の証HFの名を冠するモデルとして1,584cc114馬力の性能を誇るフルビアクーペ1600HFで、2014年本国イタリアにおいてフルレストアされた1台です。また当社にてすべての点検整備を終え、既に国内登録済みのため、すぐにご納車可能となっております。コンクールコンディションに仕上げられた名車を是非一度ご来店の上お確かめ下さい。
また当車両は通常入手不可能なオリジナルのナンバープレートと車検証も付属となります。

価格(円) SOLDOUT
年式 1971年
走行距離(km) 不明
トランスミッション形式 5速マニュアルトランスミッション
排気量(cc) 1584
レッド
車検 平成30年12月
ハンドル LHD
保証 無し
乗車定員 4人
所有者歴
ドア 2D
修復歴
駆動方式 FF
燃料 ガソリン
車体番号(下三桁) 976

関連車輌

  1. 1973y BMW 2002

    正規輸入ディーラー車両のBMW2002です。入庫時から状態も良く、当社にてボディの磨き・内装クリーニング・各部機関の点検・整備を行っております。

  2. 1967y Alfa Romeo Giulia 1300 Ti

    ヨーロッパ買付車両、平成26年2月広島港着船!

  3. 1966y FIAT 600D

    此の600Dは、イタリアにて買付けを行う際、必ず訪れる北イタリアのショールームで購入した1台です。上質な車両のみ仕入れ、いつも丁寧な仕上げを行っている信頼のおけるアウトサローネより購入しました。

  4. 1975y BMW 2002 TIi

    BMW・02シリーズはBMWが1966年から1977年にかけて製造、販売した小型2ドアセダンで、日本では「マルニ」の通称で親しまれ、最も生産台数が多かった2000ccエンジンを搭載した2002、1966年デビューの1600-2は後に1602と改称され、中間車種の1800ccエンジン搭載の1802、1600ccエンジンを搭載したモデル末期の1502などがある。

  5. 1968y Fiat 500L

    此の1968年製 フィアット 500L のエクステリアカラー”マットーネ(レンガ色)”は、当時イタリアで大変人気の高い色でした。長い時を隔てた今日の街中でもきっと多くの人を魅了するでしょう。

  6. 1968y LANCIA FULVIA COUPE RALLYE 1.3

    このモデルはランチアに主任設計者として招聘されたアントニオ・フェッシアがデザインを手がけたモデルで、狭角(13度)V型4気筒SOHCエンジン縦置レイアウトの前輪駆動という非常に凝ったメカニズムと高い工作技術で製作されています。

ページ上部へ戻る